2011年6月13日月曜日

アクリル面取り加工

こんにちは~

アクリルのエクセルの KEMURI です。


さて 今回は、「面取り機」の紹介です。


丁度、仕事で八角形のケースが入っていたので

それを例にとって、やってみたいと思います。


製作する物は、均等な八角形ではなく下の図のような形です。



底板はありません。



材料を揃えます。

今回は、天板が透明5tで 側板が透明3t(3mm)です。



作業工程は、前にご紹介した八角形のケースの時と同じです。




因みに 3t(3mm) で 22.5° を削るとカンナの深さは 約1mmです。


天板に、側板8枚をセロテープでつなぎ合わせた物を乗せて様子をみます。

大丈夫そうなら天板にセロテープでとめます。






今回は、天板のサイズを決めて角だけ後で削る方法でやっていますが、

全体を大きくしてやる方法もあります。




ここを後で面取り機で削っていきます。




接着をしていきますが、このように横にして流すとやりやすいですよ。



接着し終わったら削る部分の所をコンナ感じにマスキングテープで保護します。

なぜかというと、後で出てきますがベアリングビット(面取り機用の刃)の

ベアリング部があたるので傷がつかないようにするためです。





さて、面取り機の登場です!!




これがエクセルの面取り機なんですよ~

ルーターの逆バージョンと思うと分かりやすいかも・・


これが、面取り機で使用するベアリングビットです。

かなり種類があるのでこのタイプだけではありませんよ~



このようにビットを固定します。




削る板の厚さに合わせてビットを上下させて高さを決めます。

目安として、板厚プラス1mmぐらいだと思ってください。


で、削ってみます。



側板にベアリングがあたって削っていきます。

コンナ感じです。



また機会があればご紹介しますね(^^)




因みに・・・・・完成した製品は写真を撮り忘れました!!!(^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿