2010年7月20日火曜日

角穴あきブロックを作りました!

こんにちは!ズボです♪

今回はアクリルブロックの真ん中に角穴が斜めに開いていて、しかも途中で止まっている上に、磨きも!と言うものを造ってみました!


ちょっと工作などをされた方ですと四角穴を開けるというのはなかなか大変だと言うことがわかっていただけるかと思います。
木工等ではノミを使うことで可能ですが、金属やアクリルのような硬い素材ではノミでは穴をあけられません。
機械加工では基本的には角が丸い穴しか開けれられません。(応用的にはいろいろな方法があります♪)

また貫通穴ですとレーザーであけられますが、止め穴、しかも斜めとなると不可能です。

そこで今回はレーザーと光接着を駆使して、この形状を作りました。



じつはまたしても製作過程の画像を取り忘れました…

まず30mm厚のアクリル板にレーザーで四角の貫通穴を垂直に開けます。

次にそのアクリル板を電動カンナで角度を付けて、15mmの厚さになるまで削ります。
これで厚さ15mmの斜めの貫通角穴が開いた板が出来ます。

それを光接着で穴の開いていない15mmの板に接着。

最後に側面をカンナかけて、バフで磨いて完成です♪

文章だけだとなんだかわかりにくいですね…



0 件のコメント:

コメントを投稿