2009年11月26日木曜日

箱祭り!!

ども!BUCHIです。お久しぶりの更新です。
本日のご紹介は子供用プール。
では無く、特大サイズの模型ケースです。アクリル板が歪んでいたので
結構苦労して製作しました。

大人(アホな人)がスッポリ入るサイズ。120cm×106cmぐらいです。

コバをガスで磨いて光沢をだしました。


二人がかりで土台を乗せていきます。



紙をはがしてクリーニングしました。
これでは天地が逆なのでひっくり返します。


この中になにが入るのかはわかりませんが
カナリの大きさの物が入るのでしょうね!

個人的にはガンダムMGシリーズをズラッと並べたいところです(>O<)/
そろそろゲレンデもオープンするころなので、次回はスノボ現地レポートでもいたします!



アクリル什器のお仕事です~♪

こんにちは!ZUBOです♪

これも少し前の仕事ですが、浅草のとある現場のアクリル什器のお仕事をご紹介します!

什器とは店舗などの商品陳列用の器具をさします。
木工や金属加工に比べると、安価で工期の短いアクリルは、什器としてはベストな素材と言えるのではないでしょうか。
また透明や乳半といった、アクリルでなければ表現できないテクスチャーも魅力だったりします♪
古くは蛍光管や電球、最近ではLEDや、ELシート等の面発光をもちいた電飾にも活用されます。

反面大きな物になると、重量がかさむ、剛性を保つのに工夫がいる。という部分もありますが、それを差し引いても魅力的な素材なのではないでしょうか。

木工や金属加工の什器とからめた電飾です。

カウンターの足が光ることで、明るい空間をつくってますね♪

中身はこんな感じです。
アクリル自体はカバーで、構造体は木部が担っています。

こちらも木工の造作壁とアクリルのコラボレーション♪
面白いデザインですね~♪
角は熱曲げによりアールになっています。

メンテナンスのことも考えて作られています。


まるで昔のSFの宇宙船の中のような雰囲気です。


カッコイイ~♪

我が家もこんなオシャレ空間にならないかなぁ~♪


お次は完全にアクリルオンリーの什器です♪

15mmのアクリル板を曲げて、重合接着しています。


あ、台だけは金物でした♪

2009年11月20日金曜日

基本中の基本

YOKOです
本日はアクリル加工の基本中の基本
切り板に穴あけの加工です。
読んで字のごとく切った板に穴を開けるだけの作業ですが
一箇所1mmずれたら4辺で4mmずれ
お客様が看板として設置出来ないという駄目駄目な結果になりますから
細かく寸法を測りながら直角にも気を使って作業させて頂きます

まずは パネルソーと言う機械で大きな板から
お客様のご希望のサイズより1mm大きくして板を切り出します

次に一辺に付き0.5mmずつカンナで削って行きます。

お客様のご希望の位置に穴を開けるためにまずは位置を書いて実際に穴を開け確認しますお客様は40mmの位置に5mmの穴をご希望ですので

試しに他の板にあけてみた穴で穴のはじが37.5mmになっている事を確認してから

本番の板にも穴を開けます穴を開け終わりましたが板の外周にも光沢が欲しいとのご依頼ですので

今回はガス仕上げで板の外周を磨いていきます。こんな機械を使って
こんな感じでバーナーの様な物で板の外周を熱で磨いていきます。

ピカピカになりましたねー


最後にピニールで梱包してお客様にお届けします。

2009年11月19日木曜日

こんなのもやってます

こんにちは YOKOです。
弊社のブログを見て頂いていると
「難しくて値段の高いものしか製作してくれないんじゃないの?」
な~んて たまに言われたりしますが実はちょっとした小物なんかも作っていたりします。
昨日は名刺入れを製作していましたので
「こんなもの人間が作ってるんだー」なんて驚いて頂けたら嬉しいです(w


最初にエンビの板1枚と名刺が入るサイズに抜かれたコの字の形に抜いたエンビ板を用意します。きちんと均等に張るためにはサイズの確認が欠かせないので
始めにノギスできちんと計測します。
今回は コの字型のエンビ版とカットしたのみのエンビ版の差は
縦・横共に1mm 仕上がりのサイズには1.5mm削らなければいけない事が確認できました。そこで 二枚の板を張り合わせるための型を製作します。

直角に切り出した板を合わせてアクリルのブロックでストッパーを付けただけですが・・・・


片側 1mm隙間を作りながら始めの1枚を接着します。

確認の為にまたもやノギスで計測です。

今回は200台弱の製作ですので始めの1枚でよ~く確認しないと
200枚全て台無しになってしまいますからドキドキの瞬間です。
まさにドンピシャの寸法でほっと安心したのでガンガン貼っていきますよ~
200台とちょっと接着まで終了しました
後は周りをぐるっと1.5mm削るとご注文の形になりますカンナで削るのですがこれまた微調整です。
カンナの盤面の傾きが91度になっていましたので
直角が必要な製品の為にきちんと90度にします。

さーて 200枚削りますよ~


事前に切っておいたアクリルを前に置くと名刺を機械に貼る為のプレートの出来上がりです。
こんな感じの小物も楽しみながら作っていますので

面白い商品のアイデアお持ちの方は連絡頂ければ色々製作しますよ~

2009年11月18日水曜日

プライベートでも看板製作してみました

こんにちはYOKOです。
私がプライベートでお世話になっている
バイク屋さんチェリーズカンパニーから独立して
岩手で頑張ってバイク屋さんをやっているHi-Works グッチ君に看板を送りつけてみました。





職種は少し違うけど同じ職人同士頑張りましょうね~!!

2009年11月17日火曜日

アクリルでカウンター作りました♪

こんにちは!ズボです♪
懐かしい画像が出てきたので紹介します♪

場所は南青山、オシャレな町です♪
ワタシにはお仕事以外ではトンと縁の無い町ですね~(^^;;



結構大きなカウンターを分割された状態で納品です。
店内にある大階段を上がって二階に設置なのですが、搬入には非常に気を使いました。



というのもこのカウンター、乳半のアクリル製に見えますが、実は透明アクリルで、その表面がサンドブラスト仕上げになっています。

通常つや消し仕上げならつや消しの板を使うのですが、通常のマットだとここまで不透明にはなりません。より細かなマット感がご要望のようで透明の板で組み立てた後、サンドブラスト業者さんに持ち込み処理したものです。
なのでもしキズをつけてしまおうものなら、もう一度撤去してブラスト屋さんに持ち込まなくてはならないのです!!



無事合体が終わり、電気屋さんが電飾中です♪



裏面には熱抜き穴とメンテナンス口があります。



この上質なマット感は乳半マットや透明マットでは出ませんね~♪


う~ん♪カッコイイですね~!
実際に商品が陳列されて使われているところも見てみたかったですね!!

2009年11月16日月曜日

旋盤で作りました♪ その2

先程、

欠点としては、当然丸いものしか削れません。
また大きいものは大きな加工機械でしか削れません。
当社にある旋盤では通常200Ф程度の大きさまでしか加工できません。

と、書きましたが実は「原則としては」であって、工夫次第で様々な加工が出来ます。


こういった円錐形も旋盤で作れます。

そして旋盤加工の極めつけは↓コレ!
製作者は現在レーザー担当の権造さんです。


巨大なアクリルブロックをルーターで削りだします。

図面から深さを割り出し、一段一段正確に削り込んでいきます。
NCルーターがあればあっという間なんでしょうけど、製作当時の当社にはNCはないので人力での作業です。(モチロン未だにNCはありません(^^;))


コレを手作業でやってしまうのですから製作担当の権造さんの執念すら感じます。


同様の逆の作業を裏面にも施します。


なにかステキなお皿の様でもあります♪


さぁー!いよいよ旋盤です!!
この巨大なお皿を旋盤でぶん回し、段差を全て滑らかに削り落とします!!
その迫力の光景は圧巻です!!
そして丹念に磨き上げると…


じゃぁじゃぁぁーん!!
ビューティフォー!!!
スゴイの一言に尽きますね~♪
ちなみにワタクシZuboにはこのような加工はできません♪
出来る出来ない以前に、このような加工方法自体思いつきもしないでしょう~♪

でこれは何かと申しますと、巨大コンタクトレンズなのだそうです♪
CMだか撮影だかに使用されたそうです♪