2017年6月21日水曜日

こんにちは!ZUBOです♪

多面体シリーズ、菱型六十面体その2です♪

これでは当社はアクリル多面体専門業者の様ですが、これはあくまでも技術的検証のためでお仕事ではありません。
職人としてどこまで形にできるのかな?という探究心の表れとお考下さい。

面白いからやっているだけとも言い換えられますが・・・

前回作ったワーロン(和紙柄のアクリル)製の菱型六十面体が思いの外つまらなかったので(w)、お仕事で使って余っていた玉虫色のハーフミラーフィルムを貼った透明アクリルで作ってみました!


室内で作っているときはイマイチパッとしなかったのですが、外に持ち出して撮影してみるとこれがナカナカ面白い!

前にアクリルでプリズムを作るお仕事をさせた頂いたことがありましたが、その時も室内光では虹が発生しなかったのですが、太陽光にかざすと綺麗な虹が発生したことがありました。
どうやら蛍光灯やLEDなどの人工光に含まれている光のスペクトルは(表現が正しいかわかりません)非常に限られた一部の帯域しかないのに対し、太陽光は非常に広くて多くの帯域を含んでいる様です。


もちろんキヤノンマジックもあります♪


アクリル屋としての真面目な見解を申し上げますと、まだまだ仕事としてはお受けするのは気がひけるクオリティです。
まずこのフィルムが非常に傷が入りやすく、また付着した汚れが落ちにくい性質があるので、立体の内側に貼っているので気にはなりにくいのですが、やはり加工中に傷や汚れが入りやすいのが問題です。
また透明の立体としてみれば、やはり接着のヒケや、溜まりはあります。
だいぶ角度のさじ加減がわかってきたので、ワーロンの時よりは接着不良は減りましたが、製品としてはまだまだです。
溜まった接着剤が一部フィルムを犯してしまうのも問題です。

やはりこの手の多面体は、製品一個作るにも複数の試作が必要になりそうです。

とはいえこう言った透明素材での立体物こそアクリル加工の真骨頂です♪
これからもアクリルの可能性を模索したいと思います!


2017年5月15日月曜日

菱形六十面体を作ってみました♪

 こんにちは!
16年の年末に投稿して次が5月になってしまいました!!
おかげさまで多くのお仕事をいただいてますので、なかなかブログまで手が回りません(^^;)

 なるべく忙しくてもマメに更新していきたいのですが、仕事上ここに載せられない物も多くナカナカ難しいところですね。

さてそんな中実験的にアクリルで多面体を作ってみたのでご紹介します♪

 菱形六十面体という多面体で、その名の通り一種類の菱形が60枚集まって構成される多面体です。

こう言った多面体をアクリルで製作するには、面と面の接地角度が必ず必要になります。
接着面の角度がきちんと出ていないと、接着剤を流してもあとから引けてきてしまったり、最悪形にもならない場合もあります。
実際今回の立体も一部着材が引けている部分もあります。

今回も製作するにあたり、この立体がどういった性質を持つ立体なのかをよく調べます。
そして理解するために薄い板でセロハンテープ組でモックを作ります。

その上でアドビのソフト「イラストレーター」でデータを作成。
角度もイラストレーター上で導き出しました。
どうやって出したかというと、企業秘密ですw
本当は説明しようと思っても、うまく説明できないだけですwww

まぁ気合いがあればイラレでもできるって事を実験したかっただけなんですね♪