2011年3月29日火曜日

省エネに最適なアクリル板をご紹介します。

省エネ対策が求められている昨今
LED等省エネの照明が普及しつつあります。

しかしLEDといえば点発光
どうしても局部的な照明になってしまい、面全体を光らせるためには
沢山のLEDを必要としてしまいます。

折角の省エネルギーもこれでは意味が薄まってしまいます。
そこで看板等の面発光使われる板が

「導光板」や「面発光板」と呼ばれるものです。

これは板の小口(板の端)から光を入れると、板全体が光る、というものです。
様々なメーカーから様々な形態の板が出ていますが、今回は住化アクリル販売株式会社
の「SAライトガイド」をご紹介します。

奥にあるのが通常の5mm厚、透明アクリル板
手前あるドットの有る板が「SAライトガイド」になります。

「SAライトガイド」は透明のアクリル板に入光面(板の端面)から徐々に大きくなっていくドットが印刷されています。このドットに光が当たり拡散して面が光る仕組みになっています。

ドットは入光面に近いほど小さく、遠くなるほど大きくなることで、面全体で均一な光型を実現します。

↑上半分が「SAライトガイド」
下半分が透明アクリル板

入光面は左側になります。
光源はテープLEDと呼ばれるものです。
透明では横から入った光がまっすぐ抜けてしまい、面は一切光りません。
しかし「SAライトガイド」ではドットが光を拡散させて面が光っています。


↑これはその上に乳半色のアクリル板を置いてみました。

通常看板などで使用する場合は、乳半板の上にカッティングシートや
レーザーカットされたアクリルきり文字などで柄を入れます。

通常看板には、光源になる照明器具とある程度はなしてアクリル板を設置しないと
均一に光らないことから、最低でも150mm~200mmは厚みが必要になってしまいますが、
「SAライトガイド」を用いることで

反射板白3mm
+
「SAライトガイド」5mm
+
乳半3mm

計11mm程度の厚みから看板製作が可能になります。
もちろん大きさや強度、によってもう少し厚みが必要になる場合もありますが、
それにしても今までではありえない薄さの面発光が安価に実現できます。

↑こちらは上に表面が凸凹のアクリル板を乗せてみました。

色板を重ねたり、アイデアしだいで色々な利用法ができそうです♪

2011年3月23日水曜日

大型アクリル什器


こんにちは、アクリルの匠2号機です!
久々に作りごたえのある大型のアクリル什器です。
(アクリル 透明5mmを使用した棚と引き出し)

接着ムラや気泡を極力抑えて綺麗に仕上げるためには、
単純な五面体ボックスの製作とは大きく異なり、高度な技術を必要とします。
何事も最初が肝心!!
初期の段階で全体像をシュミレーションして
アクリル板の反りや歪みのバランスを取りながら、一枚、一枚正確に接着して行きます。
こうした工程を繰り返して極めて歪みやしわ寄せの少ない作品に仕上がります!!

2011年3月12日土曜日

届きました(^^) デザフェス♪



こんにちは~

本日、届きましたよ

DESIGN・FESTA  vol.33 の出展者パス等が~♪


今回 2度目のチャレンジ!!

前回は普通の明るいブースだったんですが、今回は

暗いエリアにチャレンジしますよ~


出展物は追々ご紹介させていただきます。


とりあえずは告知と言う事で・・




DESIGN・FESTA  vol.33

場所 : 東京ビッグサイト 西ホール全館

日時 : 5月14日(土曜日の1日のみ) AM11:00~PM19:00

ブース番号 : 4F 暗いエリア K- 88



是非とも見に来てくださいませ。

八角柱ケース

こんにちは~

アクリルのエクセル kemuri です。


いやぁ 昨日の「東北地方太平洋沖地震」は凄すぎました(^^;)

社内の被害は昨日の記事の通り床にヒビが入りました(怖っ)

・・・・

                   現在も余震が続いてます。

みなさんは大丈夫だったでしょうか?

どうぞ今後もご注意ください。





さて、本日の記事は・・・



先日作った 八角柱ケースの製作過程を見てください。



材料は、透明3tを使用。

まずは材料カットから・・

今回のカットサイズ・・65mm X 250mm・・

最初に長手だけ鉋(カンナ)をかけて寸法を出します。

ウチの場合は寸法に1mmを足してカットしているので片側を 0.5mmづつかけます。

その次は、鉋(カンナ)を傾けて角度をつけます。

今回の場合、八角形なので一つの角度が45°になります。

なので半分の22.5°に設定します。



こんな感じになります。

因みにこの分度器もウチで作っちゃいました。



削る深さを決めたら鉋(カンナ)をかけます。



小口を見ると・・

角度がついてるのが分かると思います。



短手の小口が切りっぱなしなのは接着が終わってから

最後に鉋(カンナ)をかけるためです。



鉋(カンナ)をかけたら接着するための準備です。

写真の様にテーパー面を下にしてキレイに並べてセロテープでつないでいきます。




セロテープを貼り終わったら八角形にして

さぁ 接着です。




最後に合わせた所だけ通しでは貼りにくいので三箇所ぐらい止めておきます。





接着剤がよく入るように広げながら流していきます。



この時、あまり多く流すと汚くなるので要注意です。

この加減は経験を積むしかないですが・・



接着が終わったら鉋(カンナ)をかけて用意しておいた

天板と底板に接着して完成です。

             

ところが・・・・

スミマセン!! m(_ _)m

この後、他の仕事でバタバタして完成品を撮るのを忘れてしまいました。(^^;)




以上、八角柱ケースの作り方でした。







それにしても、これ以上被害が大きくならないといいのですが・・・

2011年3月11日金曜日

ちょ~~~怖!!

西東京市の(有)エクセルです
地震凄かったですね!
つーかまだ揺れてる!
その影響で会社の床にヒビが入りました~!!
気を取り直して本日も社員一同力を合わせて造った
努力の結晶をご紹介いたします。
今回は変則的なアクリルボックスシリーズです。
材料は、全て三菱5ミリ透明押し出し板を使用しました。

ずら~~~~っとご覧くさいまし(>O<)V

2011年3月10日木曜日

アクリルの可能性

アクリル 透明5mm にて制作した
大きな額が再加工の為に帰って来ました
裏から出力したシートを張った物ですが
高級感有ってお洒落ですねー
アクリルって色の使い方等でまだまだ可能性有る素材だと
お客様に教えて頂いた気がします
大型商業施設に設置されるらしいので見かけたら
アクリルのエクセル
思い出して下さいね~